XMには使えないクレカ・デビットカードがある?でもXMのせいじゃない

海外FXをうまく利用していくためには、リアルタイムで入金できるソリューションや出金できるソリューションが整っていることが非常に大きなポイントとなります。

XMにおける取引も例外ではなく、クレジットカードやデビットカードで必要なときにすぐ入金できるのはきわめて重要な手立てとなっていることは間違いありません。

しかしXMでは残念なことにいくつかのクレジットカードやデビットカードではうまく入金できないものがあるのです。

巷ではこうした事態に陥るとすぐに騒ぎになるものですが、実はこのうまく入金できない事態というのはXMサイドやカード会社に問題があるのではなく、提携先の発行銀行が制限を賭けているために起きるものなのです。

今回はこのクレジットカードやデビットカードでどうして入金ができないのかといったことについて細かくご説明します。

北條北條

最初の入金はスムーズにいきたいわよね・・。

問題はカード発行提携先銀行にあり

まずクレジットカードについてですが、利用額を超えているといったユーザー側の問題とはまったく別に存在するのがVISAの提携カードを発行している銀行による「利用制限」がかかっているケースです。

これは金融庁がXMなどの海外FX業者を国内登録がないというだけで目の敵にしていることに起因するもので、銀行サイドが忖度して証拠金の入金利用を制限しているケースがあるのです。

JCBは最近使えるようになっていますが、それでも銀行がらみで制限を受けるケースはどうも生じているようです。

実際利用が制限されているのは、VISAでは住信SBIのVISAカード、SMBCのVISAカードも場合によっては入金できないケースがあるようです。

またデビットカードでも同様の状況が起きています。ソニー銀行発行のVISAデビットや住信SBIのデビットカードも制限がかかっているようです。

現状で確実に利用できるのは、セブン銀行のJCBデビットカード、ジャパンネット銀行のデビットカード、楽天銀行のデビットカードなどで地銀発行のデビットカードなどは実際に利用して確認してみる以外には利用の可否を事前にチェックする手立てがない状況となってしまっています。

どうしてもクレカ・デビットカード利用するならBitwallet経由

このようにリアルタイム入金が利用できないカードを持っている場合、何かほかに手立てはないかと考えたくなるものですが「Bitwallet」経由ならば何に利用するのかはまったくわかりませんから、こちらに口座を開設してカードを利用するのも一つの手になります。

Bitwallet経由ならAMEX,ダイナースなどXMでは直接使えないカードも利用できますし、返金の扱いがないことから利用にあたってはポイントがたまるというのもメリットになります。

ただし入金に課しては金額の3%から5%を手数料としてとられるのが玉に瑕でBitwalletとXMの間の出し入れは一切無料でリアルタイムですが、Bitwalletへの入金とここからの出金コストは個人負担となることだけは覚えておく必要があります。

無記名のVISAデビットカードからの入金も不可の状況に

一時VISAが発行したバウチャーから入金ができるようになったのですが、足元ではなんらかの事情があるのかこうした入金はまたできなくなってしまいました。

結果的に無記名で利用できるデビットカードからの入金も不能ということになりましたので、あくまで自分の名義のカードを利用するしかXMでは手立てはなくなってしまっています。

XMTradingの口座はやはり日本人投資家を非常に意識していますから、常に最良の入金ソリューションを提供しつづけてくれる優良な海外FX業者であることは間違いありません。

しかし、様々な横やりから規制がかかることもありうるわけで、XMをうまく使いこなすには利用上問題のないカードを作成して利用するという発想が非常に重要になります。

楽天銀行やセブン銀行のデビットカードであればほとんど発行を拒否されることはありませんので、ある意味ではXM用と割り切ってこうしたカードを使いこなしてくことが必要になるのかもしれません。

JCBのカードについては入金オンリーで返金の形での出金はできない状況です。

また入金額は1万円以上からになりますのでVISAデビットのように500円から入金できるのとはかなり異なりますが、リアルタイム入金だけはしっかり守られていますので便利であることは確かです。

このように国内のFX業者と違って入金や出金はユーザー側が常に相当気を遣うことで最適なソリューション利用を維持することが求められますが、これができればXMの口座もほとんど国内口座と同じように利用していくことが可能になるのです。

多少面倒ではありますが、XMを最大限に使いこなすためにもこうしたちょっとした調整や努力を惜しまないことが大切です。

 

コメント

記事に戻る

コメントを残す