売買パフォーマンスを上げるためXMでMT5を利用する

XMTradingでは取引ツールとして「MT4」のほかに「MT5」を利用することができるようになっています。

世間では圧倒的にMT4の利用が進んでおり、正直なところMT5に関心をもつトレーダーは相当限定的な状況ですが、XMTradingが延々とこのツールの提供をやめないのにはそれなりの訳がありそうです。

そこで今回実際にMT5 をXMTradingの取引環境下で利用してMT4との違いを体験してみました。

 

そもそもMT5はMT4と何が違うのか

MT4はメタクオーツ社が2005年からシェアウエアとして提供しはじめて売買ツールのソフトウエアで現在ではFXをはじめCFDの業者が広範に利用しているシェアウエアです。

一定の利用料を支払うことでどこのブローカーでも簡単に使うことができることから、海外業者での利用が非常に進み、今ではもっともメジャーな取引ツールとなっています。

当然ソフトウエアメーカーとしてはバージョンアップ商品を市場に提供してくるわけで、同社も2010年に新たにMT5というバージョンを発表しています。

一見見かけはその前のバージョンと同じなのですが、メタクォーツ社が失敗したのはアーキテクチャ(土台の部分)を完全に新しいものにしてしまったことです。

MT4で非常に多く開発されたインジケーターやEAなど自動売買ツールがそのままMT5上で利用することができなかったことが災いして、足元でもその普及は驚くほど進んでいない状況にあります。

とくに国内ではほとんどMT5を導入する動きはみられず、メタクォーツ社もMT4のサポートは終了させていないことからまだまだMT4がメジャーなプロダクトとなってしまっているのです。

言ってみれば市場の要求にプロダクトメーカーが応えざるを得ない状況であるというわけです。

 

MT5での取引はとにかく早くなる

しかしメタクオーツ社ではMT5 の開発をあきらめておらず、発表後もすでに14回ものアップデートを行っていますから、MT5の使い勝手は確実に向上しています。

またソフトウエアのサイズとしては明らかにMT5のほうがMT4よりも大きいため、2010年段階ではそれなりのパフォーマンスを発揮できるPCへのインストールが必要となっていました。

しかし、すでに9年もの歳月を経てPCのパフォーマンスは飛躍的に向上していますから、今ではほとんど問題なく稼働するようになっており、実際に利用してみますとMT5のほうが断然早く動くことが目視でも確認することが可能です。

これは同一のPC上で二つのソフトをインストールし、まったく同一の条件で同じXMTradingの通貨ペアでのチャート表示と価格表示を比較したものです。

本来は動画でお見せすると時間差がより明確になりますが、とにかくMT5で取引したほうが明らかに早くなることがわかります。

これはMT5自身の速さの問題に加えて、サーバーとの連携の親和性が高いことが考えられ、明らかにMT5のほうがXMでの取引では高いパフォーマンスをあげてくれることが確認できるのです。

とくに早く価格が表示されるということは大きなアドバンテージであり、スキャルピングなどでも大きな取引成果を発揮させられる点が注目されるところです。

 

自動売買をしないのならMT5利用がお勧め

MT4の魅力はなんといっても自動売買やインジケータ関連で非常に市場から提供されるツールが多いことで、有償のみならず無償で提供されるものにも秀逸なものが多いのは大きな魅力です。

しかしMT5のほうは普及が進んでいないためこうした秀逸なアフターマーケットでのツールやソフトが必ずしもMT5用にはマイグレーションされいないのは残念な状況です。

しかし、自動売買以外の基本的なインジケータ系はかなりいいものがそろいはじめていますので、自動売買自体を行わないのであれば現状でもMT5を試してみる価値は十分にあるといえます。

 

XMTradingはMT5を提供する数少ない海外FX業者

ここでご紹介したMT5は国内では一部の業者が導入しようとしたもののニーズが少ないといったこともあって、今ではMT4だけが利用可能で、残念ながら国内では一切利用できません。

また海外においてもXM、FBSぐらいしかMT5での取引サービスを提供するブローカーがいないのが実情です。

そういう意味でもMT5取引を提供するXMはかなり貴重な存在で、せっかくサービスがあるのですから試してみない手はないのではないでしょうか。

とくにスキャルピングをやられる方には絶対おすすめです。

 

コメント

記事に戻る

コメントを残す