XMのレバレッジを可変的に利用してみる

XMというと「888倍のハイレバレッジを提供してくれる海外FX業者」というイメージが非常に強いものですが、実は888倍というレバレッジは最大のものであり、実は異なる倍率に変更することが可能になっているのです。

レバレッジはマイページから適宜変更が可能であり、888倍以外にも1倍から500倍までかなり細かく設定が可能となります。

したがって相場の状況にあわせてかなりきめ細かく取引をしていくこともでき、これを有効活用することがXMでの取引を成功させる大きなカギにもなっているのです。

もちろんレバレッジの選択によって必要証拠金も大きく変わることになりますが、低レバレッジで取引をはじめていれば、まさかのときの相場の大きな変動でも一気に証拠金を失うことがないことから、安心して取引することが可能になるというメリットがあります。

最初はあえて低いレバレッジから取引

XMで口座開設した個人投資家はとにかく888倍を選択して売買していくことになるのが殆どです。

ハイレバレッジが魅力で取引を開始したのだから当たり前といえば当たり前ですが、実はもっと安全で効率的な使い方もあるのです。

それは、最初はあえて最大のレバレッジを使わずにせいぜい50倍とか100倍といった日本の業者よりは多少高いレバレッジからスタートしてみるのです。

これならばそれなりの証拠金は必要になりますが、潤沢な金額を入れておけば大きな価格変動でも証拠金がすべて失われるといった危機的な状況を招くことは少なく済むことになります。

ただし、このXMは200万を超える口座金額になりますと200倍までしかレバレッジを利用できなくなりますので、資金の上限管理も重要になることは忘れてはなりません。

上昇局面ではハイレバにアップで資金効率を上げる

比較的低レバレッジで取引をはじめてポジションを持ち利益がではじめたところでいきなり888倍に切り替えるということも十分に可能です。

ポジション保有中にレバレッジを上昇させても含み損がない限りは切り替えが可能になりますから、うまくいきそうなときに888倍を利用してみるというのも一つの方法になります。

レバレッジを上げて追加でポジションを買い増ししていくことができれば、非常に少ない金額で大きなポジションをとることが可能になるのです。

最初から888倍で買いを入れてしまうと逆方向に動いた場合に非常にリスクが高くなるわけですが、それを回避する方法としてはなかなかお勧めの取引法になります。

とくにハイレバレッジに慣れていない方は、最初はこうしたレバ変更をうまく使うことも一つの取引戦略になるといえるのです。

下落局面では再度低レバレッジに変更

また相場の方向が変わって下落するような局面では再度低レバレッジに切り替えてリスクを減少させるという方法も考えられます。

この場合には保有ポジション量を増やさないでしっかり証拠金の中に納まるようにポジションづくりをあらかじめ考えておく必要があることは言うまでもありません。

十分な資金が投入されている場倍には、あえてレバレッジを下げて嵐が通り過ぎるのを待ってやり過ごすという方法もあるわけです。

これならば当初から証拠金内で作れるポジションがかなり限定的にですから、いきなりハイレバレッジで調子にのって多くのポジションをつくってしまい、証拠金をすべて失うといったリスクも回避できることになるのです。

ハイレバから低レバレッジにするには相当額の証拠金が必要

但しこの方法でもっとも気を付けなくてはならないことが一つあります。それは最初に888倍でポジションを大量に作ってしまい、あとからレバレッジを下げるということです。

たとえば888倍でドル円の1万通貨ペアの売買はたったの1260円程度で実現ができるわけですが、これを25倍に戻してやるとなるといきなり45万円以上の証拠金が必要になります。

5万や10万の証拠金で売買していた場合にはレバレッジを切り替えたとたんに強制ロスカットになってしまうのです。

さすがにこうしたやり方はうまくありません。あくまで最初に応分の資金を入れて比較的低いレバレッジでスタートし、利益がではじめたらハイレバレッジに切り替え、うまくいかなければもとに戻すといった方法が適切になるのです。

もちろんいちいち取引の途上でレバレッジをどうしても変える必要はありませんが、利益が獲得できるときこそハイレバレッジをうまく利用することがXMでの取引では非常に効率的になるものなのだということはあらかじめ理解しておきたいところです。

このようにレバレッジを可変的に利用して、巧みなな取引をするというのは国内の最大25倍までしかレバレッジを提供できない業者では考えられない戦略となることは間違いありません。

まさにハイレバレッジを提供する海外業者だからこそ実現できるやり方になるのです。

 

コメント

記事に戻る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)