XMでmybitwalletを使うメリット

海外FX業者を利用する際にデメリットのひとつとして挙げられてしまうのが、国内業者よりも複雑な「出金手続き」です。

国内業者なら、国内の銀行間の送金で特に高額な送金手数料はかからず、難しい手続きも必要ありません。しかし海外業者であるXMの場合は、海外に資金を置いて運用することになるため、出金のときも当然、海外の銀行から行われることになります。

日本国内の銀行口座で海外からの送金を受け取るためには特別な手続きが必要になり、注意点もさまざまあり、手数料も3,000円以上かかるのが一般的です。

しかし、XMには2017年11月、このデメリットをカバーする出金手段が登場しました。それが「mybitwallet」です。

なお、出金手続きはFXで大勝ちした人だけに必要なこと、と思われているかもしれませんが、意外に身近なものです。

XMでは888倍のレバレッジと、入金額に応じた高額ボーナスが取引資金として提供されるなど、利用者にとっては至れり尽くせりの「勝ちやすい」環境でトレードができます。

このこともあり、国内業者を利用してトレードしたときと比べるとかなり高い確率で、しかも早い時期にかなりの方が、ある程度まとまった利益が上がって「出金」について考える状況を迎えることになると思います。

そんなときのために、この機会に「mybitwallet」についてぜひ知ってみてください。

北條北條

XMは「ネッテラー」や「XMカード」を使った出金が便利だったんだけどね。金融庁のプレッシャーで突然終了したのよね・・。

最初に確認しておきたいXMにおける出金の優先順位

XMには出金方法がいくつも用意されていますが、利用者が自由に選べるというわけではなく、入金した方法と関連して優先順位が決められています。

以下のページでも詳しく紹介していますのでご覧ください。

参考 http://kaigaifx.jp/xm_syukin/

基本ルールは、入金した金額までは入金時と同じ方法で出金が可能、その金額を超える利益分は以下のうち上から順に、利用者の状況に合致する方法が適用されます。

2のビットコインは万人に向く方法ではないこともあり、確実に日本円で「お金」として出金したい場合は事実上、3か4の選択になります。

1.クレジットカード/デビットカード(入金時に利用した場合)
2.ビットコイン(入金時に利用した場合)
3.mybitwalletかi-Account(アカウントを持っている場合)
4.海外送金

便利だったXMカードは廃止。代替サービスとして登場したmybitwallet

海外送金は1回3000円以上の送金手数料がかかり、実際に手元にお金を受け取れるまで早くても2~3日程度かかるのが普通です。

このデメリットを補う方法として2016年9月ごろまでは、海外送金の手数料もかからず、着金も即時という利用者にとっての使い勝手が抜群によい「XMカード」という出金手段がありました。

このほかにもオンライン出金サービス「ネッテラー」に同様の「ネッテラーカード」のサービスがあり便利に利用できていたのです。しかし、脱税の温床になる可能性が問題視されたことで、日本国内向けサービスは残念ながら廃止されてしまいました。

このサービスに変わる方法としてXMでは2017年11月、新しいサービス「mybitwallet」が採用されました。XMカードのような便利だったカードはつきませんが、海外送金よりメリットの多い方法として注目を集めています。

 

mybitwalletは、利益分の出金に使える

特に利益分の金額を出金するときに、ぜひ利用したいこのオンライン入出金サービスです。

mybitwalletの口座のお金は、ネッテラーなどと同様に日本円で管理ができます。

(なおアカウント作成時にはEURやUSDも選べますが、XM側で出金手段として受け付けているのは日本円だけです。)

 

スムーズな入金/出金が可能

XMの取引口座との連携が抜群に良く、処理速度が速いです。このため、安心して出金/入金に利用できます。

処理が速いのは、XMもmybitwalletにアカウントを持っていて、mybitwalletの「個人間資金移動」の機能で対応するためです。

実際、XMの画面からmybitwalletへの入出金手続きを行うときには、mybitwalletのアカウントにログインすることになります。

ポジションを強制ロスカットされたくないような場合、急な入金が即時反映される方法はなるべく多く確保しておきたいものですね。mybitwalletも、取引口座に即時反映される入金手段として利用できます。

出金も、出金手数料がかからないためこまめに利用できる点は魅力です。出金リクエストは簡単で、出金の優先順位に問題がなければ着金も非常にスムーズです。

 

「優先順位に問題がなければ」とは?

先に説明した「優先順位」は、利用者側もしっかり覚えておく必要があります。

例えば、クレジットカードとビットコインで入金していて、こちらに返金枠が残っているのにmybitwalletに出金リクエストしたとしても、出金はされないことになります。

ちなみに、ここで「出金拒否された!」と騒ぐのはお門違いですね。XMが出金拒否しているわけではなく、利用者側がルールを理解せず守らなかったために起っていることです。

いずれにしても、リクエストが通らなかったというのは気持ちのよいものではありませんので、一度でスムーズに進むように準備を整えてから手続きしたいものです。

mybitwalletの特徴とXMで使用するメリット

2017年からXMの入金/出金方法とした登場したサービス

「mybitwallet」は2017年11月よりXMに採用された新しいサービスですが、すでに評判は上々のようですね。

以下のようなメリットが、顧客から支持される理由のようです。

 

XMからmybitwalletへの出金手数料無料。mybitwalletから国内銀行への出金手数料824円。

利益分の出金は「海外送金かE-wallet(i-Accountとmybitwalletのこと)」の選択肢になりますので、手数料については海外送金と比較することになりますが、まず第一のメリットは、出金金額にかかわらず出金手数料が無料であることです。

海外送金の場合は、出金金額が2万円以下だと、XMから出金先銀行への送金手数料も利用者の負担です。mybitwalletへなら無料ですから、利益分をこまめに出金するようなことも可能になります。

mybitwalletから国内銀行口座への出金手数料は、出金金額にかかわらず「一律824円」です。海外送金は3,000円ぐらいかかってしまうことと比べたら、この824円は大きく魅力ですよね。

 

XMでは対応していないクレジットカードもmybitwalletでは対応している

出金だけでなく「mybitwallet」は入金の際にも便利です。

XM取引口座への最も手軽な入金手段である「クレジットカード」は、使えるカードブランドが「VISA」のみに限定されています。

せっかく大金を動かすのならカード利用で貯まるポイントを貯めたいと思いつつも、VISAカードを持っていないから利用できず、先に紹介した「イープロテクションズ」の口座あてに現金を送金している、という方は意外に多いと思います。

mybitwalletへの入金には、VISA以外にマスター、AMEX、ダイナース、ディスカバーも利用できます。そして、mybitwalletからの出金時には、XMのように利用金額分をカードへ返金するようなシステムにはなっていないため、ショッピングで利用したときと同様にカード利用のポイントをしっかり貯めることができます。

なお、mybitwalletへのクレジットカード入金には手数料がかかりますのでご留意ください。「VISAとマスターは4%、アメックス、ダイナース、ディスカバーは5%」です。

蛇足ですが、カード利用で貯まるポイントによる還元率は、最近は高くても5%ぐらいのものが多いです。カードのポイントで一部は還元されると考えたら、手数料がかかることもあまり気にならなくなるでしょうか。

 

残念ながらネッテラーやXMカードのようにATMでの引き出しは不可

mybitwalletには、ネッテラーカードやXMカードのような、口座残高をカードに移動させて、デビット/プリペイドカードとして利用したり、ATMで現金を出金したりする機能はありません。

この機能は利用者にとっては大変便利で、間違いなくあってほしい機能です。

しかし、2016年にネッテラーカードやXMカードが突然利用停止となってしまった原因は、利益分の大金を利用者が自分の手元に受け取る際、日本の国税庁や金融庁が把握できない仕組みで「脱税の温床になる可能性」があったからだと言われています。

カードサービスは、その脱税の温床になると問題にされた機能そのものでもありますので、mybitwalletではあえて作らなかったことも考えられると思います。

脱税の可能性が排除されて、ATMで出金できるしくみのサービスが今後できればよいのですけれどね。

i-Accountもあるけれど、mybitwalletのほうがよいのか?

2018年2月現在、XMで利益分の出金に利用できる同様のオンライン出金サービスには、mybitwalletのほかにもうひとつ「i-Account」もあります。

⇒ 「i-Account」についてはこちらの記事で詳しく解説しています

こちらには、ネッテラーカードやXMカードと同様機能のカードもついていて、使い勝手はよりよさそうにも見えますよね。

にもかかわらず、i-Accountがおすすめとしてあまり登場しないのには、mybitwalletの方がより信頼性が高いことにもあるようです。

 

mybitwalletはXMの国内入金先口座名「イープロテクションズ」が運営

「mybitwallet」はシンガポールの会社ですが、XMをはじめとした日本人向けサービスに力を入れている海外FX業者にとってこの会社は、この名前のサービスで名が知られるようになる以前から、いわば「馴染み」があります。

「mybitwallet」はXMの資金の入金を受け付ける国内口座の口座名義人となっている、「イープロテクションプライベートリミテッド」が始めたサービスです。

さらに、以下のサイトの説明にもあるように会社代表は日本人の方です。

この手の海外の企業の日本語ページの日本語には難があることが多いですが、mybitwalletホームページの日本語が自然であるのには、このような理由もあったのですね。

これなら、XM側も会社として信頼して新しいサービスを採用したのだろうということが分かりますし、利用者としてもすでに利用していた会社であると分かればそれほど抵抗はないのではないかと思います。

 

i-Accountのカードは、この先国内で利用停止にされる可能性もあり?

i-Accountに関しては、ネットで得られる情報にはサービスが便利であるとのアピール以外、特に個人向けに信頼できる元となりそうな情報は出てきません。

個人的には、XMカードやネッテラーカードと同等の便利なサービスがあることが逆に不安かなと感じます。

過去に日本国内で利用停止にされたカードと同じ仕組みのサービスならば、いくら利用者にとっては便利だとしても、同じ理由で国税庁や金融庁が問題視すればサービスは停止になる可能性も高いと考えることができるでしょう。

使える間だけ使えればよい、という考え方も確かにありますが、外国に籍を置く会社のサービスであるということもあり、いつ突然使えなくなるかもしれないリスクは常に意識しておくべきと思います。

いずれにしても、大金をこれらのオンライン入出金サービスの口座に長い間保有しておくことはせず、確実にそして早めに日本国内の銀行口座で受け取ってしまうことをお勧めします。

出金用ならmybitwalletを使用するのがベスト

「mybitwallet」がある程度安心して利用できる会社のサービスであることが見えてきたと思います。

この先、もっと送金手数料が安い手段が出てくれば別ですが、今のところはmybitwalletが最も利便性が高いことになります。

 

「海外」からではなく、日本国内だけで送金が完結するしくみ?

トレードで大勝ちして大金を出金したい方が、「海外送金」するときになんとなく嫌なのが「国税庁や金融庁に把握されている」ということですよね。

100万円以上のお金が国をまたいで移動するときには、金融機関は「マネー・ロンダリング、テロリスト、暴力団の資金と関連性がないかどうか」、国の監視に協力するために国税庁に報告する義務があり、どこの誰の口座のお金が動いているかは国に知られています。

なお、国内の銀行口座間だけで100万円単位のお金が動くときにはこのような厳しい監視はないと言われています。

mybitwalletのアカウントから日本の銀行口座に出金するときには、mybitwalletの日本国内の銀行口座から出金されることになるそうです。

ということは、「海外送金」ではないため、国の監視の対象ではなく、ある日突然税務署から「お伺い」の連絡が来る心配もしなくてよいことになります。これは大きく安心なのではないでしょうか。

なお、mybitwalletのアカウントから銀行口座あてに出金するためのサービス利用申し込みには、「本人確認書類の提出」が必要になります。

決して身分を隠して利益も隠せるようなしくみにはなっていませんので、そこは間違いのないようにお願いします。

北條北條

お役所様からの問い合わせは誰でも嫌よね・・

mybitwalletの申し込み方法

mybitwalletの口座開設方法の操作方法をご紹介します。

mybitwalletのサイトのトップページ 「https://www.mybitwallet.com/ja/homepage-for-ja/」 にアクセスして、[登録]をクリックします。

必要事項を入力していきます。実際にお金を扱うサービスですので正確な情報を入力してください。(XMのデモ口座開設とは違う、という意味です。)

このあたりで、mybitwalletのサポート担当者からいきなり話しかけられたかのように(選択言語は日本語にしていたのですが、英語で・・・)チャットの画面が開いたので驚きましたが、特に返信する必要はないようです。

「お住まいの国」「メールアドレス」「パスワード」「パスワードの再入力」を入力して[次へ進む]をクリックします。

次に、口座の種類を選びます。XMの出入金に利用する個人でしたら「個人用アカウント(パーソナル)」を選ぶのでOKです。[続行する]をクリックします。

確認画面が表示されます。[登録する]をクリックします。

入力したメールアドレス宛に本登録用の案内が届きます。メールボックスを確認してみましょう。

メールアドレス宛に届いたメールのアカウント開設用リンクをクリックします。

メール本文中にも赤字で説明がありますが、残りの手続きは24時間以内に行いましょう。24時間を過ぎると、新規登録の手順を最初からやり直さなければならないことになります。

リンク先を開くと、個人情報の入力画面が表示されます。

「名前(漢字とローマ字で)」「性別」「生年月日」「国籍」「住所」「電話番号」「携帯電話番号」など、すべて本物の情報を正確に入力してください。

入力が終わって[ご入力内容の確認]をクリックすると、確認画面が表示されます。

[登録完了]をクリックすると、「ご登録ありがとうございました。」メッセージが表示されます。

これで口座開設手続きは完了です。

[mybitwalletへ]をクリックすると、アカウントへのログイン画面が表示され、そこからログインすると口座サマリーを確認できます。

必要最低限の情報入力で、まずはアカウント開設ができました。mybitwalletを利用できます。

口座サマリーの画面は、洗練されたユーザビリティを考えたサイトデザインですね。操作を迷うことはないと思います。

XMの入出金用に活用していくためには、情報を追加登録する

なお、XMの入出金用口座としてmybitwalletを活用していくためには、もう少々情報を追加登録ことになります。

「セキュリティレベルを上げる」と表現されていますが、利用者側からすると要は、利用できる機能が増えるということですね。

 

何を登録すればXMの取引口座との連携がよくなる?

mybitwalletのアカウントに銀行振り込みなどで入金して、XM取引口座へ資金を入金するには、最初の登録情報だけで利用できます。

しかし、XMでの利益分の出金用として使いたい場合は、上記①の登録が必要です。mybitwalletへの入金をクレジットカードで行いたい場合は②の情報登録も必要です。

XMの管理画面からmybitwalletへ出金する方法

XMの「マイ・アカウント」画面からmybitwalletへ出金をしてみましょう。

XMホームページから口座にログインし、「資金の出金」リンクから、mybitwallet[出金]をクリックします。

mybitwalletに登録したメールアドレスと出金額を日本円で入力し、その下の説明をよく読んで理解できたらチェックをONにします。

出金するとボーナスが消失する旨の説明がされていますね。このことを理解せず出金してトラブルになること、やはり多かったのでしょうね。[リクエスト]をクリックします。

操作は以上で、あとは待つだけです。なおMT4の画面の口座残高は、出金リクエストが受け付けられた時点ですでに減っています。

mybitwalletからXMの取引口座へ入金する方法

XMの「マイ・アカウント」画面からmybitwalletからの入金を行います。

XMホームページから口座にログインし、「資金を入金する」リンクから、mybitwallet[入金]をクリックします。

mybitwalletに登録したメールアドレスと、入金する金額を入力し、[入金]をクリックします。

確認画面が表示されます。[確定]をクリックしてください。

mybitwalletのログイン画面が表示されますので、ログインを行います。

送金の確認画面が表示されますので、[決済する]をクリックします。

決済完了の画面が表示されます。[マーチャント画面に戻る]をクリックすると、XMの画面が表示されます。

メールアドレス宛には、mybitwalletから「個人間資金移動によるお支払明細」が届きます。XMの口座の残高もすぐに入金額が反映されています。

まとめ

mybitwalletは、使い方が分かりやすく、使い勝手がよいオンライン入出金サービスですね。

XMで利用できないブランドのクレジットカードが使えたり、XMの海外送金では高額になる手数料を低く抑えることができたりと、XMの足りなかったサービスを補ってより使いやすくするために大いに役立つ存在となっているようです。

アカウントを作ることのデメリットは特に見えませんし、XMの口座開設とセットで作っておいたほうがよい、とさえ言えるかもしれません。早速利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

記事に戻る

コメントを残す