XMで両建てが禁止されるケースとは?詳しく確認

一般論として、FXトレードには100%確実な手法というものは存在せず、どんな手法も生かし方次第で利益にもなるし、損失にもなり得ます。

確実がないなら正解もないし間違いもない、とも言えることになるかもしれませんが、たびたび議論の話題として上る手法のひとつに「両建て」があります。

「両建て」は、考え方や目的がさまざまあり、たいへん奥が深い手法です。一概に「禁じ手」であると説かれている場合さえあります。

利益や損を固定できる効果があることに注目して、FX業者の規約の範囲で活用する場合は一概に禁じ手とは言えないと思いますし、有効であることも多々あります。

かしその反面、使い方や目的の道を少し外れて、片方のポジションの利益を極端に伸ばす目的で利用した場合は、FX業者側から不正取引、違反行為とされて出金拒否や口座凍結など厳しく罰せられる可能性もある危険な手法でもあります。

今回はこの「両建て」について、XMではどのようなことができるのかと、できないこととして気を付けておくべきことについても詳しく探ってみたいと思います。

両建てとはどのようは方法か?

両建ての定義

「両建て」とは、「買い」と「売り」の両方のポジションを同時期に同数持つことです。

「両」は両方の意味で、「建て」は、ポジションのことを「建て玉」と言ったり、ポジションを持つことを「建てる」と言ったりするところから来ています。

一般的に「両建て」と言えば、「同じ通貨ペアで」売りと買いのポジションを持つことを指しますが、「異なる通貨ペアで」売りと買いのポジションを持つことを指している場合もあります。

 

「両建て」すると何が起きるのか

「売り」と「買い」は逆方向に動くものですから、この両方を持つということは、その時点から片方が大きく伸びても、もう片方も一緒についてくることになります。要は、ポジションの損益の幅が固定されるのです。

何のために両建てを行う?

なぜ「両建て」の是非が議論になるのかというと、確かに有効な手法として使えるケースがあるためです。両建ての手法を使うことで可能になる、効果的なトレードの例をいくつかご紹介してみましょう。

 

損失を限定して、勝てる次のトレンドの発生を待つ

ポジションの損失が拡大してきたが、追加入金はしないし、強制ロスカットもされたくない、という状況の時に反対売買のポジションを建てると、ポジションは保有したまま損失額が動かなくなります。

またXMの場合は必要証拠金が0になるため、別のポジションをもうひとつ持つことができるぐらい、口座残高に余裕ができます。

この状態から、勝てる自信を持てるポジションを入れるタイミングを見極め、新たなトレードを行います。この新たなポジションでの利益が、先に固定させておいた損失額分と必要証拠金分を確保できるぐらいの金額になったところで、すべてのポジションを決済します。

なおこの方法は、起死回生を狙って入れた3つ目のポジションが意に反してマイナスになったとしたら、ポジション3つともが共倒れとなりますのでご注意ください。

利益を一時的に固定させて、同方向への次のトレンド発生に備える

ポジションの利益が伸びている場合に、そこで決済すると利益が確定しますが、「もう少し待てば、もっと利益伸びるかもしれない」と決済を迷った際に、反対売買のポジションを入れて様子を見る方法があります。

その後、予想どおりの方向にトレンドが動き出したら、後から追加したポジションを決済して先のポジションの利益をさらに伸ばします。

もし予想とは反対方向に値が動いても、利益額は固定されています。この場合は両方のポジションを決済して利益を確定させます。

 

スワップポイントでの利益を得る

為替の変動とは関係なく、ポジションを1日以上持ち越すことによって付与される「スワップポイント」は、チャート分析やトレードの技術がなくても利益を得られる方法だとして、特に国内業者が率先して主にFX初心者に向けて勧めています。

これに関しての異論はここでは割愛しますが、この手法を行う際に、為替変動による損益発生リスクを少なく抑える目的で「両建て」が使われます。

ただし、同一通貨ペア同士の両建てをしてもスワップポイントはマイナスになってしまう仕組みであるため、このケースでの両建ては「異なる通貨ペア」のポジションの買いと売りで行います。
複数の通貨ペアのポジションを持つことで為替変動による損益を相殺し、スワップポイントだけを貯めていくのです。

スワップポイントに関して、またこのスワップポイントの手法について詳しくは、別の記事 (http://kaigaifx.jp/xm_swap/) でご紹介していますので、興味があれば読んでみてください。

XMで両建てをした場合は証拠金のコストがなくなる

「両建て」はポジションをふたつ持つことになりますが、取引の必要証拠金の扱いはふたつそれぞれにかかるところ、片方だけかかるところ、など業者によって異なります。

XMでは、ポジションを両建てにすると証拠金は「0」になります。

こちらについては、証拠金について解説した記事(http://kaigaifx.jp/xm_syoukokin/)で詳しく説明していますので読んでみてください。

両建ては難しい

先に解説した両建てをトレードに活用する例もそうなのですが、同様のトレード手法を解説しているサイトはたくさんあります。

いずれも、読むと簡単そうで、「ちょっとやってみようか」と思えてくるものだと思います。しかし、「うまくいった場合」の部分だけをかいつまんで説明しているものであること、ぜひ覚えておきましょう。試すとしてもまずは内容を理解するために、デモ口座でやってみることをお勧めします。

実際には、行き当たりばったりで両建てポジションを持ってもよい結果になることはほとんどありません。

まずはどんどん膨らむ損に驚いて、なんとかしたくて両建てにしてみる、というのが初めだと思いますが、そのあとどうすればよいかまでは考えずにやっているのですから、結果として傷口は広がってしまうことが多いのではないでしょうか。

決済のタイミングが難しいことも覚えておく必要があります。両建てすると必要証拠金がいったん0になりますが、片方を決済したタイミングでもう片方の必要証拠金が再び発生することになるため、ここで十分な口座残高がないと、いきなり強制ロスカットになる可能性があります。

また、損の金額は固定されたとしても、2つのポジションをずっと持っているとスワップポイント、しかもマイナスのスワップポイントが思いのほか拡大することもあります。それによって結局強制ロスカットに到達する可能性もあり得ます。

意外なところまで、細かくすみずみまで配慮できる視点を持たなければ、両建てトレードはうまくいかないものなのです。

上手に手仕舞いして危機を無事乗り越えていくためには、結局のところトレンドの転換点や、レートの底や天井付近はどこかといった見極め、チャートをしっかりと分析する力も必要になってきます。

「両建て」とは、数あるトレード技術の中でも極めて高度な部類に入るトレードなのです。

 

「両建て」に精通するよりも、「損切り」できるようになる方が先

両建てにして様子を見るという方法は、先に書いたとおり確実に勝てるポイントを見極められるようになってからでないと、そううまくはいきません。誰にでもすぐ簡単にできるものではないのです。

両建てに精通するためには百戦錬磨が必要ですし、そもそも是非が議論されるぐらいなので、精通する価値があるかどうかは微妙な手法とも言えます。

これに時間を費やすよりは、「損が大きくなりすぎないうちに損切りをする」というのがトレードの基本であり、最初に身に着けるべき技術です。まずはこちらをしっかり習得したほうがよいと思います。

 

禁止された行為をそれとは知らずに解説している場合も

この記事を執筆するための調査中に偶然発見したのですが、このあとにご紹介する、XMが禁止している両建ての取引方法の一部を、堂々と詳しく解説しているサイトがありました。

禁止行為だとは認識せずに、よい方法だから広めたいという目的で解説しているように見えました。

ちまたにあふれるFX手法の解説サイトの中には、このように、禁止行為もそうとは分からずに混じっていることが本当によくあります。禁止行為かどうかを見極めることは本当に難しいのですが、発覚したときに罰せられるのはその手法を実際に試してみたあなた自身です。

「楽して儲かる」手法はよくないということでしょうか。偏らずにいろいろな角度から情報収集をまんべんなくしておくことも大切だと思います。

両建てが禁止されているのはこのケース

まえがきで、両建ては業者側に不正取引とみなされて、罰則が科せられる可能性があることをお伝えしました。

「XMは、優良業者だから出金拒否はない」と言われていますが、これは利用者が不正なく取引している間に限られることであって、疑わしい行動をすれば当然、出金拒否されても文句は言えない状態になります。

たとえ儲かったとしても、儲かった分を出金できなくなるばかりか、より悪質であると判断されれば、入金した自己資金までもが「口座凍結」されて事実上没収されてしまうことになる可能性があります。これでは本末転倒ですよね。

そうならないために、知っておくべきことをまとめてみます。

 

XMの複数口座を使っての両建ては禁止されている

XMでは、一人の利用者につき8つまで口座を追加して利用することができます。このうち、同一口座内での同一通貨ペアでの両建てはしてもOKです。しかし、追加口座を使ってそれぞれで反対売買の両建てポジションを持つことは禁止されています。

 

〇他の業者を使った両建ての禁止

他のFX業者の口座を開設し、そちらの口座とXMの口座それぞれで、同一通貨ペアで両建てポジションを持つことは禁止されています。

 

〇異なる通貨ペアでも、ひとつの通貨をヘッジする両建ては禁止

禁止されている両建ては、同一通貨ペアだけに限りません。例えばEURをヘッジする目的でEUR/JPYの買いポジションとEUR/USDの売りポジションを持ったケースは、違反取引に該当することがあります。

 

〇複数人の口座を使った両建ての禁止

例えば、複数人で損益結果を合算してグループ全体でトレードでの利益を目指すような利用をするとして、Aさんの口座で買いポジション、Bさんの口座で同じ通貨ペアの売りポジションを持ち、結果としてどちらかのポジションだけで大きく利益を得るような取引は禁止されています。

 

〇いわゆる「窓開けトレード」の禁止

土日の間に世界的に大きなニュースの発表があり、それによって週明けに大きな為替変動が起こることがあらかじめ予想されるような状況で、変動前にその変動を見越して両建てポジションを持ち、発表後に利益が伸びた片方のポジションだけを保有できるように注文を入れておくようなことは禁止されています。

〇業者内の価格差を利用したアービトラージの禁止

複数業者で口座を開設し、同じ通貨ペアのポジションを一方で売り、もう一方で買うという手法、先に説明した為替損益を相殺してスワップポイントだけを得る手法は、別業者同士で同一通貨ペアで行うと「アービトラージ(裁定取引)」で禁止取引に該当します。発覚すると厳しく罰せられます。

XMでは、経済指標時の両建ては禁止なのか?

XMのサポートに確認しましたが、特別に「禁止」とはされていないそうです。
ただし、経済指標発表時はスプレッドが拡大したり、想定外の損や利益が発生したりする恐れもあることから、XMとしては「特にお取引を極力お控えいただくことをお勧めしております。」との回答でした。

特に大きな影響が出る恐れがあるときには、事前にXM側でレバレッジ規制をしたり取引禁止としたりすることもあります。

「禁止ではない」とされていることで、例えば先の「窓開けトレード」の手法同様、指標発表前に両建てポジションを作っておき、ストップ・ロスの逆指値注文を組み合わせることで、指標発表後に買いと売りどちらか伸びた方だけのポジションを保有して利益を伸ばすことができそうな気はします。

しかしこれにゼロカットシステムを利用して損を限定したり、損の部分をボーナスでカバーしたりするようなことを絡めると、ほぼ確実に違反取引に該当する結果となりそうです。

せっかく儲かっても、利益没収や出金拒否の対象となっては困りますよね。

実際には「個々に、担当部門が判断する」ことになっている

なお、上記も確実にすべてが違反というわけではありませんし、逆にもっと細かく禁止に該当するケースも存在します。

XMからの回答は、「担当部門の判断により」とだけなっています。口座の状況や取引の内容を個々に調査したうえで、規約違反かどうかが個々に決められるそうです。

1回や2回、「うまく利益を得ることができたからこれはやってもOK、何も言われなかったし」ということではありません。例えば窓開けトレードで毎週月曜日にだけ利益が出ているなど、不審な取引履歴があれば気付かれるでしょう。そして一度発覚すれば、時期を遡っての利益没収や突然の口座凍結もあり得ます。

ひとつ確実に言えることは、ゼロカットシステムやボーナス、ポイントシステムの本来のあるべき利用の仕方から外れる使い方をして、トレードで利益を得ることは、高い確率で「悪用」と判断されるだろう、ということです。

「いいこと思いついた」と、本人は「活用」のつもりだったとしても、XMに「悪用」と指摘されてしまうと言い訳は通用しません。「活用」なのか「悪用」なのかの見極めが重要です。

まとめ

やり方によってはたいへん有意義な手法である「両建て」ですが、簡単ではないこと、お分かりいただけたでしょうか。

不正取引として疑われてしまう可能性が紙一重である両建てのケースも数多くあることが分かりました。

ご自身は一切不正のつもりはなかったとしても、不正かどうかを判断する権利はすべてFX業者側にあります。もし不正と判断されてしまえば、出金拒否や口座凍結に直結しますが、そうなると投資家は何も言えません。このことをしっかり覚えておきましょう。

とにかく普段から、疑わしい行為、紛らわしい行為は慎むことが得策です。

また普段のトレードに活用する場合も、一時的に損を逃れる目的で安易な両建てをするのはよくないです。計画的に行うことが大切でしょう。

 

>>XMの口座申し込みはこちら<<

 

コメント

記事に戻る

コメントを残す